FC2ブログ

ログハウスのあるまえた農園

のちょっと込みいった話

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


二十世紀梨終了です

二十世紀梨ほぼ終了しました。

FAXでの注文は受付終了、各ネットサイトではもう少し在庫があります。


あと、新甘泉にはじまり、豊水、秋甘泉(取り遅れ)にあきづきと終了しました。

DSC_0742.jpg

写真は新高、すでにぼとぼと落ちてたもんだからこれも全収。

例年より1週間早いです。


今年はどとうのシーズンで8月末から常にパニック(汗)、

明日、明後日と大阪に販売に行きますが

これが終わったらちょっと落ち着きそうです。


というか、気を抜いた瞬間寝込みそうです・・(笑)。

毎年思うが、ほんと命を削って梨づくりしてるんだなと実感しますね。




さて、10月の販売スケジュールも続々と決まってます。


・・・9月21日(金)、22日(土)・・・

大阪・中之島グリーンマーケット

http://festivalplaza.jp/information/



・・・10月5日(金)、6日(土)・・・・・

姫路・二階町商店街ふれあい新鮮市

9時~16時

まえた農園は5日に出店予定です。



・・・10月6日(土)~8日(祝月)・・・・・・

umekiki marche(ウメキキ マルシェ)

大阪駅グランフロント うめきた広場

12時~19時

https://umekiki.jp/

ぐるなび主催のイベントで多数の出展者とものすごい人だそうです。

まえた農園は7日のみ出店です。




・・・10月20日(土)・・・・・・

大阪空堀 トレタテ市

10時~16時

https://www.drill-drill.com/


歳とったら、県外に行く体力と気力がなくなりそうなので

今のうちにできる経験だと思って行ってます。

スポンサーサイト

そろそろ二十世紀始まります

数日前からバタバタと準備したり、顧客管理したり

試し採りなんかもしたりしてますが、

台風被害を懸念して今朝は初めて本格的に採りました。

DSC_0721.jpg


今年は春から例年より開花は早かったのでやはり色がくるのも早い。

そして、今年は7月が歴史的な大干ばつで玉太りもかなり悪い。

ま、今年の果樹のイメージが変に悪くなってもいけないので

その件に感じてはまた事後報告で。



そうそう

県外での二十世紀の販売スケジュールも続々と決まってます。

そちらは楽しみ。。お近くの方はぜひお越しくださいませ。


・・・8月24日(金)、25日(土)・・・

中之島グリーンマーケット

http://festivalplaza.jp/information/

まえた農園の出店は24日のみです。梨の販売は土曜もあります。


・・・9月7日(金)、8日(土)・・・・・

姫路・二階町商店街ふれあい新鮮市

9時~16時

まだ確定ではないですが、まえた農園は8日に出店予定です。


・・・9月15日(土)・・・・・・

大阪空堀 トレタテ市

10時~16時

https://www.drill-drill.com/


アディショナルタイム


20170709_162518218.jpg

20170709_162325542.jpg

20170709_162158392.jpg

写真は上から「王秋」、「新雪」に洋梨の「パスクラサン」

晩生梨のメドレーです。


7月に入ったら袋かけが終わって暇になるからそれまで待ってくれ

といろんなことを先送りにしてきたツケが溜まって

より相変わらず今月は慌ただしかった(汗)。






5月から始まった梨の袋かけもやっと終わります。

過去最遅を記録。

3月できっちり剪定が終われてないので毎年ずるずるとスタートが遅いんだけど

そろそろ対策考えないとな。



あってはならない慢心

今まで見たことのないようなものすごい雨でした。

初めての避難勧告にあたふたしましたが

「慢心」があって避難はしませんでした。

(逃げ出す準備はして眠りにはついたけど)

梨の被害は特にありません、一部浸水しかけてたけど

今日は水路に引っかかった草を除去しました。

よかったです。

DSC_0640.jpg

やっぱり山陰は普段から雨が降り慣れてる地域・地質ってこともあって

山陽側と違って被害が少ないのかもしれません。

・・・・

いや、これも慢心か(汗)。









話変わって

夜さっき市内にご飯を食べに出たんだけど

豪雨の影響で食料不足によるメニュー制限が目立った。

コンビニやスーパーもほとんどすっからかん。


よくよく調べると

岡山を本社に置く企業が鳥取には結構多いし、

各社コンビニの食糧基地や中継拠点も岡山、

明らかに依存度が高い。


岡山に元気がなかったり鳥取岡山間の大動脈が寸断されると

鳥取は地味にボディーブローを受ける。



DSC_0641.jpg

こういうことがあると改めて気づかされるね。

地元に本社がある企業をもっと使ってあげないといけないな。

帰りに寄ったら結構食材が充実してたよ。

(べつにここの回し者ではないけど)


そういや、去年ここに梨を出荷しないかという話がきたことがあった。

鳥取では「梨は買うものではなく貰うもの」という文化?があるので

消極的だったんだけど

今は少なからず貢献してもいいのかなと思いはじめている。

病気を語る

写真はジョイント栽培の新甘4年目、

今年は、かなりの鈴なりで思う存分着果できそうです。

DSC_0605.jpg




ところが、

今年は全体的に結構病気が多くて、

新甘泉なんかは特に黒星に弱いもんだから、時がくるまで見て見ぬふりをしてたんだけど

摘果時やっぱりといった感じ。


DSC_0606.jpg


ここ近年、より減農薬を目指そうと防除暦を見直しで

年々進化?させてるのもあって

病気の大発生に心当たりが無いわけではないが

それにしても特に作りにくい品種です。

新甘泉は高糖度で大人気なんだけどね(汗)。

DSC_0607.jpg

DSC_0610.jpg

DSC_0608.jpg



そういや、

以前大阪で対面販売してて

たまにいらっしゃるんだけど

無農薬の野菜や果物を求めてるお客さんと話す機会があった。


「頑張って無農薬を目指します!!」って言っとけばよかったものの

つい本音でポロっと「ちょっと無理ですね。。」なんて言っちゃったもんだから

話がややこしくなったことを思い出した。



でもほんと、基本的には梨の無農薬は無理だと思ってます。


以前鳥大の講義で習ったことがあって

農薬の歴史は中世ヨーロッパくらいから始まってるようで、

その頃は病害虫はなかったそうですが

それでも

イナゴの大発生などのたまにある天変地異には悩まされてたみたいです。

それに対抗するために作られたのが農薬の最初で

以後

それに抵抗するために病気も進化、また対抗するために新農薬の開発といった感じで

いたちごっこの歴史で現在に至るんだそうです。


なので急に無農薬にしたら勢力に負けて

多分数か月で果樹園は病害虫の巣になって全滅です、梨に限らず世の中のほとんどの果物果樹園は。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや

ここは逆の発想もありか。。


仮に無農薬でも奇跡的に1割程度残ったとしよう。

10アールあたり1万果、1コ100円で販売してる農家なら

1コ1000円で売らないと農家は生活していけないことになる。

極論だけど

どうしても無農薬の農産物を求めたいのなら

消費者側も

ある程度理解と覚悟を持って購入しないといけないのでは



極論だけど(汗)。





久々の日記、ちょっと変なこといろいろ書きすぎました・・・・。


プロフィール

しんや

Author:しんや
~ログハウスのあるまえた農園~
鳥取県は鳥取市、河原IC(鳥取道)からさらに山奥へ5kmほど行った西郷地区という豊かな自然に囲まれた場所にそれはあります。

鳥取の名産"二十世紀梨"を中心に進物、ギフト、直売をやってます。

梨のご注文はこちらまで。

最新トラックバック
カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR